Facebook広告の特徴を知ろう!~最大限に活用するために~

本記事では、もはや主要なインターネット広告となりつつあるFacebook広告について解説していきます。

「Facebookに広告なんてあったっけ?」

という方から、

「Facebookでよく見かける広告だけど、どういうシステムになってるのかよくわからない…」

という方まで、今さら人には聞けないような基礎の基礎から解説していきます。

本記事を読むことで、Facebook広告マスターとなるための足掛かりとして頂けると幸いです。

Facebook広告とは?

まずは、Facebook広告がどのような広告であるのかを解説します。

Facebook広告とは、Facebookを利用している際にタイムライン上に表示される広告のことです。上の図の赤枠が一例です。

SNSは今や現代人のライフスタイルに深く浸透しています。その中でもとりわけFacebookは、なんと現在全世界で14億人を超えるユーザーが登録しており、そのうち9億人以上が毎日Facebookにアクセスしているのです。よって、Facebook広告なしに効果的なインターネット広告運用を行うことは不可能と言っても過言ではないでしょう。

料金システムはクリック課金制

Facebook広告の料金システムは、リスティング広告と同じでクリック課金制です。

クリック課金制とは、広告表示そのものではなく、広告がクリックされたときはじめて料金が発生するシステムです。

つまり、広告主はメディアに対して、「『1クリックあたりの料金』×『クリック数』」分の料金を支払うことになります。

Facebook広告の特徴

さて、ここまでFacebook広告の概要を簡単に説明してきましたが、ここからは他のインターネット広告と比較した場合のFacebook広告の特性についてみていきましょう。

極めて精度の高いターゲティングが可能

Facebookには、名前・年齢・住所・趣味・趣向など、非常に多種多様な個人情報が登録されています。全世界で14億人分の詳細なデータが登録されているのです。

こうしたFacebookに登録されているあらゆる個人情報を利用して、極めて精度の高いターゲティングを行うことができるのがFacebookの最も特筆すべき強みだと言えるでしょう。

抜群のコストパフォーマンス

Facebook広告は、先ほど述べた通りクリック課金制なのですが、上手に運用すれば非常に安いクリックあたりの単価で運用することができます。GoogleやYahooなどの一般的なリスティング広告よりもかなり安い単価(1クリック当たり数円~数十円ほど)で出稿することができるのです。

元々クリック課金制のインターネット広告はコストパフォーマンスに優れているのですが、Facebook広告はその中でもとりわけ抜群の費用対効果を発揮できるといえるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする