リスティング広告の特徴をゼロから徹底解説!

本記事では、主要なインターネット広告のひとつであるリスティング広告について解説していきます。

「リスティング広告ってそもそも何?」

という方から、

「ある程度の期間リスティング広告の運用に関わってきたけど、他のネット広告と比べてどんな特徴があるのかイマイチ把握できてない…」

という方まで、今さら人には聞けないような基礎の基礎から解説していきます。

本記事を読むことで、リスティング広告の上手な使い方を把握していただければ幸いです。

そもそもリスティング広告って何?

まずは、そもそもリスティング広告とは一体どのようなインターネット広告のことを指すのかを把握しておきましょう。

リスティング広告とは、GoogleやYahooなどの検索エンジンにキーワードを入れて検索すると、そのキーワードに対応して検索結果の上部や横に表示されるインターネット広告です。

検索連動型広告とも呼ばれ、基本的にはテキスト形式で表示されます。

検索エンジンを用いた検索という行為が深く日常に浸透している現代においては、必須の広告手法のひとつと言うことができるでしょう。

「GoogleAdWords」と「Yahoo!プロモーション広告」がメジャー

リスティング広告が掲載される媒体は、言うまでもなく検索エンジンです。よって、できるだけ多くのユーザーが利用する検索エンジンの媒体に出稿するのが効果的だと言えるでしょう。

というわけで、リスティング広告掲載の媒体としては、Googleの「GoogleAdWords」とYahooの「Yahoo!プロモーション広告」の2つがメジャーとなっています。まずはこの2つを押さえておけば十分でしょう。

ちなみに、「GoogleAdWords」はGoogleのみ、「Yahoo!プロモーション広告」はYahoo!JAPANのみに広告が掲載されるというわけではありません。それぞれGoogle、Yahoo!JAPANに加えてその提携先のメディアにも広告を掲載することができます。(「GoogleAdWords」ならgoo、BIGLOBEなどで、「Yahoo!プロモーション広告」なら日経ネット、オールアバウトなど。)

料金システムはクリック課金制・入札方式

さて、次は料金システムについて解説します。

リスティング広告の料金システムは、クリック課金制をとっているものが一般的です。

クリック課金制とは、広告表示そのものではなく、広告がクリックされたときはじめて料金が発生するシステムです。つまり、広告主はメディアに対して、「『1クリックあたりの料金』×『クリック数』」分の料金を支払うことになります。

広告料金は、キーワードごとに入札形式で決定されます。広告を出稿するためには、最低入札価格(キーワード・広告の品質・入札者数によって変動。)以上の額で入札する必要があります。

掲載順位は『入札価格』×『広告品質』で決定

そして、この広告料金と、クリック率などをもとに導き出される広告の品質を判断材料として、広告掲載順位が決定されます。

「『入札価格』×『広告品質』」によって「広告ランク」が導き出され、そのランクが高いものから順に上位表示されるのです。

リスティング広告の特徴

さて、ここまでリスティング広告の概要・システムを解説してきましたが、ここからはその特徴・メリットなどを解説していきます。ここをきちんと理解しないと、効果的にリスティング広告を運用することはできません。

ピンポイントなアプローチが可能

他のインターネット広告と比較した場合の第一の特性としては、キーワード単位で出稿するシステムなので、広告のターゲットとしたいユーザーにピンポイントでアプローチすることができる点が挙げられます。

例えば、Aというキーワードに対してリスティング広告を出稿した場合、Aというキーワードで検索をかけたユーザー、つまりAについての情報を欲しているユーザーに対してピンポイントにアプローチをかけることが可能なのです。

ただし、これの裏返しとして、リスティング広告は、広く一般的なユーザーへの商品の認知・理解を高める目的には不向きだと言えるでしょう。

効果測定がしやすい

「GoogleAdWords」や「Yahoo!プロモーション広告」などのメジャーなリスティング広告サービスでは、広告の表示回数・クリック回数・費用・効果などの詳細な効果測定をリアルタイムで行うことができます。よって、PDCAサイクル(業務を継続的に改善していくため、Plan〈計画〉→ Do〈実行〉→ Check〈評価〉→ Act〈改善〉の 4 段階を繰り返すこと。)に組み込みやすいのです。

手軽で、費用対効果も高い

「GoogleAdWords」にせよ「Yahoo!プロモーション広告」にせよ、登録さえすれば特殊な知識なしで手軽にはじめることができる点も魅力です。

また、仮にあまり広告がクリックされずに終わってしまってもクリック課金制ゆえにコスト面での損失は最小限に抑えられるので、コストパフォーマンスにも優れています。

よって、どのインターネット広告手法をとろうか迷ったらまず実施すべき施策のひとつだと言えます。

また、リスティング広告について、Web解析サービス「AIアナリスト」のブログでもわかりやすい解説がなされているので、そちらも併せて読むとより理解が深まるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする