動画広告とは?|使いこなすための簡単トリセツ

本記事では、いまかなりホットで、もはや完全に主要なインターネット広告のひとつとなっている動画広告について解説していきます。

「動画広告ってYouTubeの再生前に出てくるアレ?」

という方から、

「動画広告を利用してみたいけどどのサービスを使ったらいいのかわからない…」

という方まで、今さら人には聞けないような基礎の基礎から解説していきます。

本記事を読むことで、動画広告についての知見を身につけて頂けると幸いです。

動画広告とは?

まずは、動画広告とは一体どのような広告であるのかをみていきましょう。

動画広告とは、Webサイト上で音声・動画を用いた動画によって表現されたインターネット広告のことです。上の図の赤枠のように、YouTubeなどの動画配信サービスにおいて、視聴しようとしているコンテンツが表示される前に数十秒間流れてくる広告をイメージしていただけるとわかりやすいと思います。

映像を直接クリックしたり、映像終了後に誘導する文言を表示することで、広告主が指定したWebサイトへユーザーを移動させます。

動画広告には、YouTubeなどに代表されるインストリーム型(動画配信サイトで、動画の再生前や途中で広告が流れるタイプ。)のほかに、ディスプレイ型(従来のディスプレイ広告の表現形式が画像ではなく動画になったもの。広告をクリック・マウスオーバーした際に動画が流れるものも、自動的に動画が流れるものもあります。)もあります。

しかし、近年ではインストリーム型、とりわけYouTubeのTrueView広告が主流となっています。

よって、本記事では、インストリーム型の動画広告について解説します。

料金システムは視聴課金方式

料金システムは、インストリーム型の場合は視聴課金の方式をとっているものが多いです。

視聴課金方式とは、ユーザーがしっかりと広告を視聴した場合のみ料金が発生するシステムで、広告をスキップしたりブラウザを閉じたりして広告の視聴が中断された場合は課金対象になりません。リスティング広告のクリック課金制と質的に似ている料金システムだとも言えるでしょう。

インストリーム型動画広告の特徴

さて、ここまでインストリーム型の動画広告の概要について解説してきましたが、ここからは他のインターネット広告と比較した際のその特徴について説明していきます。

表現の幅が広い

まず基本的に表現力が高い点が挙げられます。リスティング広告やディスプレイ広告とは異なり、画像・文言・音声を組み合わせて時間軸に沿って表現できるため、多様なことをより正確に表現することができるのです。

また、テレビCMと比べた場合も、15秒、30秒といった枠にとらわれない多彩な広告表現が可能です。

細かいターゲティングが可能

TrueView広告などにおいては、ユーザーの属性・興味関心に応じた細かいターゲティングが可能となっています。

さらに、属性・興味関心のみならず、動画コンテンツの性質に応じたターゲティングや、複数の要素を組み合わせたターゲティングも可能となっています。例えば、大阪在住の10代の女性があるアーティストに関する動画を視聴したときだけ、そのアーティストの関西公演のコンサート告知をする、といったターゲティングをすることができます。

コストパフォーマンスに優れている

料金システムが視聴課金方式なので、一定以上の関心があるユーザー以外に対して表示された場合は料金がかかりません。

よって、費用対効果という面で見ても優れているといえるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする