ユーザーヒートを解説!ページ毎にアクセス解析!

heat

ユーザーヒートは無料で使えるヒートマップツールです。アクセス解析では「サイト全体」のデータが得られますが、ユーザーヒート等のヒートマップツールでは「1ページ」毎の情報を得ることができます。ページ毎のデータを解析し、Webサイトの改善につなげましょう。

●ユーザーヒートの解析結果でWebサイトを改善しよう

  • 本当は見てほしいのに、見られていないコンテンツがある
  • 予想外に見られているコンテンツがある

ユーザーヒートは、訪問してくれたユーザーがどこを見ているのかを画像ではっきりと表示してくれます。それをヒントにWebサイトの改善につなげましょう。

次に、ユーザーヒートを使うと何が分かるのを具体的に見てみましょう。

●ユーザーヒートで分かる事

以下は、ユーザーヒートが提供してくれる機能の一覧です。

  • ユーザーのマウスの動きは?
  • ユーザーがサイト内のどこをクリックしたか?
  • ユーザーがサイト内のページのどこを見ているか?

●ユーザーのマウスの動きは?

ページが表示されてから離脱するまでのWebサイト訪問ユーザーのマウスの動き(ページを開いたときのマウスの場所や移動箇所、クリックした場所)が表示されます。

●ユーザーがサイト内のどこをクリックしたか?

WEB訪問者がクリックした回数が多い箇所ほど赤く表示されます。

●ユーザーがサイト内のペ―ジのどこを見ているか?

ユーザーがよく見ている部分は赤く、あまり注目されていない部分は青くサーモグラフィ風に表示されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする