Google アナリティクスとは?

目次

・Google アナリティクスとは

・どんなことがわかるの?

・どうやって使うの?

・おすすめの便利ツール

 このページでは、アクセス解析によく用いられるツールの1つ、Google アナリティクスについて解説していきます。


・Google アナリティクスとは

 アクセス解析を行ってサイトを改善し、CV(サイトの目的:レストランであれば予約を取ること)を高めて行くにあたって、データを取得してくれるツールが必要となります。色々なツールが存在しますが、最もメジャーなのがGoogle アナリティクスです。Googleが提供しているアクセス解析ツールで、無料で利用することができます。


・どんなことがわかるの?

 Google アナリティクスはGoogleが提供していることもあって、かなり高機能です。相当量の情報を得ることができます。例えば…

 「セッション」サイトの訪問者数

 「デバイスカテゴリ」サイト訪問者が使用しているデバイス。パソコンorスマホorタブレット等

 「チャネル」流入元。検索してこのサイトに入ってきた数、広告をクリックして入ってきた数、お気に入り登録などから直接入ってきた数…など

 「ランディングページ」着陸したページ。流入先ページ。つまり、複数のページを持つサイトの場合、訪問者数が最初にどのページに入ってきたのか。

 「コンバージョン」サイトの目標達成数。利用者が事前に設定した目標がどれほど達成できたのか。

代表的な5点を挙げましたが、これ以外にも性別や国などの属性やサイトの読み込み速度、サイト内検索状況など、様々な種類のデータを見ることができます。


・どうやって使うの?

 Googleアナリティクスを使う前に、いくつか設定しなくてはならないものがあります。

  • Google アカウントの登録

  • Google アナリティクスの登録

  • トラッキングコードの設定

  • Google アカウントの登録

まず、Google アカウントを作成しましょう。作成したらGoogle アナリティクスにログインして「申し込み」をします。

  • Google アナリティクスの登録

 申し込みをしたら、以下の項目を打ち込みます。

・トラッキング方法:ユニバーサルアナリティクスが高機能でおすすめです。

・アカウント名

・ウェブサイト名

・ウェブサイトURL

・業種

・タイムゾーン

・データ共有設定

以上を設定して「トラッキングIDを取得」をクリックし、利用規約に同意したら、次のトラッキングコード設定に進みます。

  • トラッキングコード設定

利用規約に同意するとトラッキングコードが表示されます。

 トラッキングコードとは、webページ側に埋め込んでおくプログラムのことで、このコードによってwebページのデータを取得することができるのです。

表示されたコードを、解析したいページ全てのコードの</body>の前の部分に貼り付けます。解析したいページ全てに挿入する必要があることに注意です。

 コードが正常に挿入されると、Google アナリティクスのトラッキングコード画面の右上に「ステータス:データを受信しています」と表示されます。うまく導入されていなければ「ステータス: トラッキングがインストールされていません」と表示されます。ただし、コードの挿入からしばらく時間がかかる場合があります。

 以上の設定を行えば、Google アナリティクスを使うことができます。


・おすすめの便利ツール

 高機能で無料、というおトクなGoogle アナリティクスですが、1つ短所があります。得られるデータが膨大すぎるのです。高機能すぎるのですね。大量のデータの中から、どのデータを抽出し、どのデータを組み合わせてどのような情報を得て、それをどのようにサイト改善に生かすのか、という複雑なプロセスを自分でこなしていかなくてはなりません。

 そこで、データの選択・抽出・組合せとそれを用いたサイトの改善を人工知能が行ってくれる補助ツール、AIアナリストを次ページで紹介します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする