【Googleアナリティクス】まず見るべきレポート画面5選!

新任Web担当者のみなさま、こんにちは。

「とりあえずGoogleアナリティクスを導入してみたけど、レポート画面が多すぎてどこを見たらいいのかわからない…」

「結局訪問数くらいしか見てなくてコンバージョン数アップに結びついてない…」

という悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、そんな方々のために、Googleアナリティクスでまず見るべきレポート画面を5つ紹介します。

1.「ユーザー > サマリー」レポート

このレポート画面では、サイトを訪問しているユーザーの数がどれくらいいるのかを知ることができます。

セッション、ユニークユーザー、ページビューなど様々な指標でユーザーの量的なデータを把握できます。

2.「ユーザー > モバイル > サマリー」レポート

このレポート画面では、サイトを訪問しているユーザーの使用しているデバイスを知ることができます。

ユーザーの使用しているデバイス、すなわちPCかスマホかを知ることはとても重要です。PCとスマホでは全く別のサイトかのようなサイトも多いので、どのデバイスでよく見られているのかを把握して、ひとまずよく見られているデバイス向けのサイトから改善していったほうが成果に結びつきやすいのです。

3.「集客 > すべてのトラフィック > チャネル」レポート

このレポート画面では、ユーザーがどの経路からサイトを訪問しているかを知ることができます。

検索エンジン、広告、外部サイトなど、ユーザーがサイトを訪問する経路は多種多様です。どの経路から訪問するユーザーが多いのかを確認し、それに合わせたサイト改善を行っていくことが大切です。

4.「行動 > サイトコンテンツ > すべてのページ」レポート

このレポート画面では、サイト内のどのページがよく見られているのかを知ることができます。

より多くのユーザーに見られているページを改善した方が全体のコンバージョン数アップにい結びつきやすいので、ここで得られる情報は非常に重要です。

5.「行動 > サイトコンテンツ >ランディングページ」レポート

このレポート画面では、どのページがランディングページとなっているかを知ることができます。

ランディングページとは、ユーザーがサイトを訪れた際に1ページめに見たページのことです。ランディングページはサイトの第一印象を決めますので、どのページがランディングページとして機能しているのかを把握することは非常に大事です。

見るポイントを絞ることが大切!

以上、Googleアナリティクスでまず見るべきレポート画面を5つ紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

Googleアナリティクスは、非常に多種多様なデータを見ることができますが、サイト改善に直結しやすいデータというのはそう多くはありません。

この記事を参考に、見るべきデータのポイントを絞って、コンバージョン数アップに直結するアクセス解析を行っていきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする