Googleアナリティクスの基本用語10選【これだけは押さえたい】

新任Web担当者のみなさま、こんにちは。

「いきなりWeb担当者に任命された…Googleアナリティクス?何それおいしいの?」

「セッション?直帰?もう意味わからなさすぎてこのまま直帰してしまいたい…(すみません)」

というような悩みを抱かれている方、いませんか?

この記事では、そんな新任Web担当者のみなさまに向けて、これだけは押さえておきたいGoogleアナリティクスの用語を厳選して10個、ご紹介します。

これらのワードを押さえれば、ひとまずGoogleアナリティクスの主要な画面を理解できるようになるでしょう。

誰でもはじめは初心者。まずはこれらの用語をしっかりと理解して、優秀なWeb担当者になるための第一歩としましょう!

ユーザーのサイト内での行動に関する用語

まずはユーザーのサイト内での行動に関わる基本用語をご説明します。これらは基本的に、どんなレポートにも関わる超重要ワードなので必ず押さえてください。

1.セッション

これはちょっと分かりにくい概念なのですが、ユーザーがサイトを訪れてから離脱するまでの一連の流れのことです。訪問数とほぼイコールです。

2.ユーザー(UU)

これは名前の通りひとりひとりのユーザーを指しています。ユーザー数とは、サイトを訪れた人の数を指します。同じユーザーが何回サイトを訪れてもユーザー数は1です

3.ページビュー(PV)数

ページビュー数とは、サイト内でページが見られた(表示された)回数のことを指します。同じユ―ザーでも、複数ページを見ていればPV数は別々にカウントされます。厳密に言うと同じページを1回のセッションで複数回見たり、ページをリロードした場合でも、別々のPVとしてカウントされます。

4.直帰

直帰とは、サイトを訪れて、最初の1ページだけ見て離脱することです。直帰率とは、直帰したセッション/全セッションで産出されます。

5.ランディングページ

ランディングページとは、ユーザーがサイトで1ページ目に見たページのことです。サイトの入口としたページということですね。

ユーザーがサイトを訪れる前の行動に関する用語

続いて、ユーザーがサイトを訪れる前の行動についての用語をご説明します。

つまり、ユーザーがどこから来たのかによってユーザーの属性も違ってくるので、CV数アップにつながるアクセス解析のためにはこれらの用語も必須です。

6.Organic Search

検索エンジンからの流入を指します。ただし、リスティング広告など検索結果画面に表示される広告からの流入は含みません。

7.Paid Search

検索エンジンに表示される広告、つまりリスティング広告からの流入を指します。

8.Display

バナー広告からの流入を指します。

9.Refarral

外部サイトに貼られたリンクからの流入を指します。

10.Social

TwitterやFacebookなど、SNSからの流入を指します。

全ての用語を知っている必要はない!

以上、Googleアナリティクスを使っていくうえで絶対に外せない基本用語を10個ご紹介しました。

この10個以外にもGoogleアナリティクスには膨大な数の用語が登場しますが、その全てを網羅的に覚える必要は全くありません。あくまでもコンバージョン数アップにつながるアクセス解析に必要な用語だけを押さえておけばいいのです。Googleアナリティクスマニアになることが目的ではないはずです。

ひとまずここに出てくる用語だけしっかり押さえて、アクセス解析をはじめる足掛かりにしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする