使ってみた!アクセス解析と言えばGoogleアナリティクス!

308e063b43edaf8569f258cf80c938da_s

GoogleアナリティクスというGoogkeが提供している無料のアクセス解析ツールがあります。最近アフィリエイトを始めたので、早速サイトに導入してみました。。。が。。。何のことか全く分かりません。

しかし、せっかく始めたのですから、わからないでは終れません。色々調べて、やっと理解できたこと、わかったことを順次以下に書き留めてみました。

●GAで分かる事

GAはユーザーがサイトにどこから入り、どこから出て行ったかを追いかけ、その動きをすべてデータとして記録してくれます。そして、そのデータにはサイトを改善していくための情報がいっぱいです。

1.ユーザーレポートで誰が来たかを知る

自分のサイトにどんな人が来てくれているかを知りたい時に、「ユーザーレポート」を見ます。

ユーザーとはサイトの訪問者のことです。ユーザーの総数、ユーザーが見たページ数、新規ユーザーととリピーターの割合、PC又はモバイル(スマホ&タブレット)の使用率などが分かります。

2.集客レポートでユーザーがどこから来たかを知る

ユーザーがどこから来たのかを知りたい時に、「集客レポート」を見ます。アクセスの元になっているサイト、検索に使用されたキーワードなど、アクセス数を増やすための情報がたくさん得られます。

Organic Searchをクリックすると、どのようなキーワードで検索されているかを知ることが出来ます。

3.行動レポートでユーザーが何をしたかを知る

サイト内におけるユーザーの行動が知りたい時に、「行動レポート」をみます。ユーザーがよく見るページ、逆にユーザーが嫌うページ等の情報が得られます。

行動 サマリーの解析によりサイトのそれぞれのページのページビューが分かります。つまりどのページが人気があり、どのページが不人気であるかが分かります。

5.GAを利用することでわかるその他の事

GAを利用することで、上記の他にも色々分かる事があります。

  • どのページにアクセスが集まっている
  • どのページがランディングページとなっている
  • 離脱率が高いのはどのページ
  • どこからのアクセスが多いのか
  • ユーザーはPC利用者、又はスマホ利用者?
  • コンバージョンレポートで目標達成度を知る

●GAは何のために導入するのか?

アクセス解析はアクセス数を眺めるためだけのものではありません。アクセス解析は、下記のようにサイトをより良くするためのアイデアを考えるためのデータを与えてくれるツールです。

  • サイトの問題点を見つける
  • サイトを訪問するユーザーのニーズの調査
  • ユーザーが思惑通りに行動しているかの確認
  • ユーザーの行動が思惑道理でない場合の原因究明と対策

●GAをもっと使いこなすための便利なツール

基本がマスターできたら、さらに詳しくデータを見ていくとよいのですが、サイト改善のためのデータ集計には、大変な時間がかかります。データを分析しサイトを改善やってみようろしたけれど、やっぱり上手くいかない。難しくてよくわからい。などと思われている方もいらっしゃることでしょう。

そんな悩みを解消するツールとして、GAでアクセス解析をする時に、それを手伝ってくれるツールがあります。

「AIアナリスト」という人工知能ツール(無料)がWEBサイトを自動で解析し、どこをどのように改善すればいいかを教えてくれます。「AIアナリスト」はWEBコンサルティングの株式会社WACULが提供しているツールです。

人工知能によるアクセス解析ツール AIアナリスト

人工知能によるアクセス解析ツール AIアナリスト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする