Googleアナリティクスの簡単設定【コンバージョン】

自分のサイトにGoogleアナリティクス(GA)を設定したけれど、ただ漠然と訪問者やページビュー数を見ているだけで、まだ目標は設定していないという方は案外多いのではないでしょうか? 

アクセス解析をするのはWebサイトを改善し、サイト本来の目的を達成するためです。そしてその目的を達成するするための指標の一つとして必ず設定すべきなのがGAの「目標」です。

●Googleアナリティクスの目標を設定しよう!

サイト運営の目的はそのサイトの種類によって異なります。一般的にはお問い合わせ・申込み・商品の購入が目的になる場合が多いでしょう。メディアの場合は「訪問別ページビュー」、YouTubeのような動画サイトであれば「滞在時間」が目的となることが多いです。

サイト運営の目的は大きく分けて3つあります。

  1.多くの人にサイトに来てもらう (サイトの知名度UP)

  2.サイトから資料請求・お問合せをしてほしい (見込み顧客リストの獲得)

  3.サイト経由で商品を買ってほしい (売上UP)

これらの目的を達成するためにサイトにGAを設定したならば、次に設定すべきなのは目標です。ただし、GAで設定できる目標は1種類ではありません。ですから自分のサイトの目的を達成するために最も適した目標が何であるかを知ることはとても重要な事なのです。

次に、GAで設定できる目標の種類について簡単に説明しましょう。自分のサイトの目的達成のために最適な目標が何かを決め、実際にGAでその目標を設定してみましょう。

●Googleアナリティクスで設定できる目標は4パターン

Googleアナリティクスで設定できる目標は大きく分けて4つあります。

1. URL(到達ページ)へのアクセス

特定のページ(URL)へアクセスしてもらえたら、目標達成として記録されます。特定のページとは、「資料請求完了ページ」「商品購入完了ページ」「お問い合わせ完了ページ」などです。最も多く設定されている目標です。

2. 訪問別ページビュー

サイトを訪れた人が、一定のページ数以上閲覧したら、目標達成として記録されます。メディアなど、複数ページを見てもらうことを目標とするサイトに向いています。

3. 滞在時間

サイトを訪れた人が、特定の時間以上滞在したら、目標達成として記録されます。読み物サイトやYouTubeのような動画サイトの目標設定に向いています。

4.イベント

イベントとは、ユーザーの行動のことです。「PDFダウロード数」や「動画再生回数」など、ユーザーの行動の回数を計測目標として設定できます。

●Googleアナリティクスでの目標設定方法

では、Googleアナリティクスでの目標設定の方法を下記の通り順を追って説明していきましょう。

1.全目標共通の設定

1. アナリティクス設定

2. ビューの「目標」

3. 「新しい目標」をクリック

4.目標設定で「カスタム」を選択し「続行」をクリック

※「カスタム」ではなく、「テンプレート」を選択してみてもよいでしょう。プロパティですでに業種が設定されているので、設定された業種に適した目標の候補が表示されます。この場合、その候補の中から選択することが可能とな。ります

※「カスタム」「テンプレート」はプロパティで業種を選択していない場合は表示されません。

2. URL(到達ページ)へのアクセス 

2-1. 名前をつけます

2-2. 「到達ページ」にチェック、 「続行」をクリック

2-3. 到達ページ欄で「等しい」を選択し、 ドメイン以下のURLを入力、 「保存」をクリック

2-4.目標の詳細>到達ページで「等しい」を選択します

2-5.調べたい到達ページのドメイン以下のURLを入力

2-6.「続行」をクリック

これで「到達ページ」へのアクセスを目標とした設定は完了です。

3. 訪問別ページビュー

3-1.名前をつけます、目標タイプで「ページビュー数/スクリーンビュー数(セッションあたり)」にチェック、 「続行」をクリック

3-2.「ページビュー数/スクリーンビュー数(セッションあたり)」の項目に訪問別ページビュー数を入力、 「保存」をクリック

これで「訪問別ページビュー」を目標とした設定は完了です。

4. 滞在時間

4-1.名前をつけ、目標タイプで「滞在時間」にチェック、 「続行」をクリック

4-2.「訪問の滞在時間」の項目に目標としたい滞在時間を「時間」「分」「秒」を入力、 「保存」をクリック

これで「滞在時間」を目標とした設定は完了です。

5.イベント

5-1.名前をつけ、目標タイプで「イベント」にチェック、 「続行」をクリック

5-2.「カテゴリ」「アクション」「ラベル」「値」を入力します。

※この「カテゴリ」~「ラベル」の違いは簡単に言えば、「大見出し」~「小見出し」的な感じで、アクセス解析の管理者がレポートの管理をする際に把握しやすいように任意で設定すればよいでしょう。

5-3.トラッキング コードをサイト等に追加する。

イベントを設定したい<a>タグ
<a href=”http://×××××.com”>×××××</a>

トラッキング追加後の<a>タグ
<a href=http://×××××.com Onclick=”ga(‘send’, ‘event’, ‘カテゴリ’, ‘アクション’, ‘ラベル’, 値”);>×××××</a>

※Onclick=”ga(‘send’, ‘event’, ‘カテゴリ’, ‘アクション’, ‘ラベル’, 値”);をイベントトラッキングとして計測したいリンクのタグ部分に加筆しましょう。

これで「イベント」を目標とした設定は完了です。

●なぜ、目標設定が大事なのか?

サイトの目的は「商品を買って欲しい」「会員登録して欲しい」「メルマガ登録して欲しい」など色々です。

Googleアナリティクスで目標を設定すると、目標達成にまで至ったユーザー、目標達成までには至らなかったユーザー、それぞれの「訪問経路」「検索キーワード」「ランディング・ページ」「ページビュー」など、色々な情報を得ることできます。

以上のように、Webサイトの現状を知り、改善を繰り返すことで、サイトの目的達成度を高める事ができるので、GAの目標設定はとても大事なことだと言えるのです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする