Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法~フィルターをかける~

WebサイトにGoogleアナリティクス導入し、アクセスが毎日あると喜んでいたら・・・ほとんど自分だったということがあります。Webの作り始めは何度も更新してはチェックするなどして、自分で何度もサイトを見てしまいますから・・・・・

しかし、自分のアクセスは除外しておかなければ、アクセス解析の結果(データ)の中に自分が混ざってしまいます。それは本当に正しいデータとは言えません。

ここでは、Googleアナリティクスで、特定のIPアドレスを指定することにより、自分のアクセスを集計させなくする方法を説明しましょう。

●IPアドレスで自分のアクセスを除外!

IPアドレスというのは、パソコンやネットワーク機器などに1つ1つ分かりやすいように付けられた識別番号です。IPアドレスは、固有のものであり世界中で重複することはありません。電話番号や住所が重複しないのと同じです。

今現在接続されているIPアドレスを確認するには以下のサイトが便利です。

サーバー監視/ネットワーク監視サービスhttp://www.cman.jp/network/support/go_access.cgi

7e98bbff164c5a03bf7c13fa34f667f6

1.ビュー>フィルター設定画面の表示

Googleアナリティクスには「フィルタ」という機能が存在し、設定したデータを除外・取得することができます。

1)Google Analyticsの管理画面の右上に、[アナリティクス設定]があるのでクリックし、続いて「フィルター」をクリックします。

5be8214ef9eb47704b702e0262eb6557

2)「+フィルタを追加」をクリックします。

6209e2f1e8fe4556a6b5d008c453670f

2.IPアドレスを除外するフィルタを設定

1)任意のフィルタ名を入力し、除外するトラフィックを「IPアドレスからのトラフィック」に設定。除外対象となるIPアドレスを半角数字で入力し、「保存」をクリックします。

1be845c90ab86199d6da8c2e3bcaf9fb

2)最初の画面に戻って設定したフィルタ内容を確認する。

122523229bae994bc0398e1cb67e0e90

IPアドレスの入力ミスなどもあり得るため、上記の設定完了後は、本当に指定IPからのアクセスが集計されていないか、実際にページを閲覧して検証しておいてください。

複数のIPアドレスからのアクセスを除外する場合は、上記を繰り返し設定すればOKです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする